ハンドブック 3

この翻訳は古くなっています。英語版を見て参考にしてください: Handbook for MuseScore 3

ご利用のプログラム・バージョンに対応したハンドブックをお使いください。
このハンドブックは MuseScore 3.0~3.6.2 向けのものであり、他のバージョンをお使いなら、それに応じたハンドブックをご参照ください。

ハンドブックの維持・翻訳は MuseScore コミュニティによって行われています。 ご協力、大歓迎です。疑問を生じた場合は オンラインハンドブックの英語版 をご参照いただくか、フォーラムに質問してみてください。

名称に馴染みがない記譜については、画像化した Glossary を見て回ってください。

ハンドブックの各章の内容については下記のリンクをご利用ください。また、ハンドブックの全内容については、多段階な目次を含む印刷可能なフォーマットの single continuous page を見ていただくこともできます。

はじめに

この章は、MuseScore を初めてインストールし、実行するのに役立つでしょう。各種の学びや助けとなる資料への案内もあります。

基本

前の →"はじめに" の章で、インストール の手順をご案内しました。
この "基本" の章では、MuseScore ウィザードを使って新しいスコアを設定する方法と、記譜の基本的な入力と編集の方法を説明します。プログラムウィンドウの様々な部分に表示されるツールバー、インスペクタ、パレットなどや、スコアを閲覧したり動き回ったりする方法もあります。

記譜

前の →"基本" の章では、音符の入力パレット の取り扱いを学んでいただきました。
"記譜" の章では、より進んだものも含み、様々な記譜の方法を記載しています。

また、 →高度なトピック もご参照ください。

サウンドと再生

MuseScore の中では、シンセサイザーを使ってあなたのスコアをプレイバックすることができます。この章は強弱記号やテンポの記譜、プレイバックのコントロールや楽器の音色を拡張する方法を説明します。プレイバックに問題を生じたら、How to restore sound if playback stops working に示されている方法をお試しください。

テキスト

MuseScore のスコアの要素の多くがテキスト(文字)に基づいていて、例えば "譜表テキスト"、"強弱記号"、"テンポ"、"運指"、"歌詞" などはテキスト単体であったり、"反復記号括弧"、"オクターブ線"、"ギターのバレー" など線を伴うテキストもあります。

この章では、MuseScore で使える様々な種類のテキストやその形式の設定について説明します。

その他の種類のテキストは、他の章で取り扱われています。

フォーマット

高度なトピック

サポート

この章では、MuseScore を使う上でのサポートを見つける方法として:参照すべき最適な所、フォーラムで質問する最適な方法、そしてバグを報告する際の要領について説明します。

付録